備品管理システム

1.備品台帳、備品カード、備品シールの作成

備品台帳はすべての情報が、備品カードには最新の情報が印刷されます。 備品シールは必要枚数作成できます

2. 減価償却システムとの連動

減価償却システムと共通の管理番号で運用することにより、当システムで入力した資産の異動・増減などを減価償却システムに反映させることや、減価償却システムでの計算結果を当システムへフィードバックさせることが可能です。

画面イメージ(クリックすると大きい画像を表示します)

メニュー画面
ページトップへ