学納金管理システム

1. 学籍システムと連動可能

学生個人データ登録を学生システムの学生個人データと連動させることにより、CSV形式でデータを取り込むことが可能なので、データ登録作業が簡単に行えます。

2. 必要入金額の個人別管理

各種納付金や授業料の減免などが個人別に設定できます。

3. 会計システムとの連動

学納金システムで登録された入金データを勘定科目別に集計し、入金伝票データとして利用できます。

4. 入金の自動消し込み

入金された金額と個人識別コードで自動的に消し込み処理が実行されます。

5. 分割入金への対応

分割入金された場合入金履歴を保管し、請求額に達した時点で入金処理が実行されます。

画面イメージ(クリックすると大きい画像を表示します)

メニュー画面
ページトップへ