減価償却システム

1. 部門別管理が可能

部門コードを利用することにより、部門別の管理が可能です。
共通配分コードにより部門別の配分を行うことが可能です。

2. 教研・管理別の管理が可能

教育研究用、管理用に分けて財産を管理することが可能です。

3. 施設別管理が可能

建物などは棟・階・部屋といった施設別の管理が可能です。

4. 4種類の減価償却計算をサポート

定額・定率と償却計算と、それぞれの年・月単位の償却計算をサポートしています。

5. 減価償却額のシミュレーションが可能

次年度以降の減価償却額の予測計算が可能です。

画面イメージ(クリックすると大きい画像を表示します)

メニュー画面
ページトップへ